2016年度 春の研修会

2016年4月16-17日


研修会場 (定山渓温泉 ホテル山水)にて


S氏会員からツエタケ属についての
研究発表が行われました。

日本で報告されているツエタケ属は8種3変種で
世界では変種を含め約50種だそうです。

次にN氏からニセコで見られるきのこ達を
素敵な写真で紹介して下さいました。

研修会の後、総会が開かれ
無事に終了いたしました。
 
研修の後の一番の楽しみ
北村会長のあいさつで始まりました。

話はやはりきのこ談義ですか?
 
N氏から自慢のクロカワのピクルスをご馳走になりました。
とてもおいしかったです。
 
部屋の窓からキノコを発見する強者も。
さすが”北海道キノコの会” エノキタケでした。


昨年の観察会風景
今年も5月15日(第3日曜日)より支笏湖で観察会が行われます。
きのこに興味がある方は奮ってご参加ください。

Homeヘ